子どもの幸福度を上げるには…

子どもの幸福度を上げるには

先日とても気になるユニセフの報告をニュースでみた!
「先進国(38カ国)の子どもの幸福度ランキング」

日本の子どもがどういう状況なのか、
自分の子どもに限らず、日本の子ども達がどういう環境にあるのか
とても気になります。

順位は、それぞれの( )内の指標を用いて分析したということでした。

〇精神的幸福度:37位(15歳時点の生活満足度が高い子どもの割合、自殺率)

〇身体的健康:1位(子どもの死亡率、過体重・肥満の子どもの割合)

〇スキル:27位(読解力・数学分野の学力、社会的スキル)

※総合で日本の子どもは20位でした。

順位を見て精神的な幸福度が38カ国中37位であったことがとても気になりました!

精神的な健康には、家族からのサポートがより少ない子どもたち、
いじめに遭っている子どもたちは、あきらかに精神的健康が
低い結果になったということで
日本の子どもは、自ら幸福と感じることがそんなに少ないんだと思うと
とても胸が苦しい気持ちになります。

子どもにはいつでも、不安や恐れを感じならがも、
なりたい自分になれるイメージをいつも持てるようになってほしい!
果敢にチャレンジして、自由に今を生きて楽しんでほしい!

親なら子どもにそんな風に願う人も多いのではないでしょうか
しかし、自分たちがそういう風に、自己肯定感を持って
過ごしてきていた人が少ないことも、その親が育てた子どもの結果をつくったのではないかと
私もですが反省するところが多いように思います。

我が家の話ですが、娘が生後半年頃から一緒に寝ることが増え
小学生4年生頃までは一緒に寝ていました。
可愛い寝顔を見ながら、寝ている時に肯定的な言葉を耳元で囁いていると
良いセルフイメージが脳に刷り込まれると聞いたこともあり
かなりの頻度でした結果、娘はとても良いセルフイメージを常に持ちながら
目標に向かい、ダメだった場合でも、必ず乗り越えて達成するという
良いイメージをもち続けていることができます。

高3になり夏が始まる頃に、
パパは○○ちゃんに小さい頃から寝ている間に
「耳元で囁き、良いイメージをたくさん刷り込であるから」
からなず良いイメージで乗り越えられるよ!
と言うと、「知ってるよ!!」 びっくり 驚きの返事!!

「パパがそう言う風に話しかけてくれたような気がする、なんとなくだけど…」
と言うのです。

驚きと言うか感動でした! 潜在意識に刷り込みできた!!ニコニコ

このやり方は、幼児教育と右脳開発では世界的に有名な
しちだ教育研究所(七田式)のしちださんを会社でお招きさせていただき
そう言う話を聞く機会を得てから続けておりました。

他にも、しちだ式の子育ての基本を教えていただきました。
「認めて・ほめて・愛して」育てる!ということを教わり
実践すればする程に、子供は心を開き信頼関係が生まれるような気がします。

今でも、子どもが変だなーと思うと
自分が「認めて・ほめて・愛して」ができてないかなーと
思うようにしています。

おかげさまで、娘とはとても信頼関係を気づいている方ではないかと思います。

一方で、そう言う機会をあまりつくれなかった、2歳下の息子くんはというと
(幼少期に離婚をしたため、祖父母とママの間を行ったり来たりで
私とはなかなか接点が少ない状況でした。現在は留学のこともあり
資金的な問題のほか様々なことで、私の出番も出てきたので、接点をもててます。)

なかなか心を開ける機会が少ないように感じます。
中学を卒業し、いろいろなことを判断できる年齢になってきたこともあり
最近では、出来るだけ「敬意」を大切に、一人の大人のつもりで
接するように心がけ、気になるときは、気軽に声をかけ
いつでも気にかけていることを、知らせるようにしています。
娘に作るお弁当と同じものを届けてみたり、ランチに誘ってみたりで
いろいろ頑張っています!!

おかげさまで、だいぶ喜怒哀楽も含め話すようになってきました。

この後どんな風に二人が大人になってゆくかはわからないけど
父として、良いセルフイメージを作れるような接し方・言葉遣い・
そう思えるような大人のイメージを自分を通して見せてゆきたいと
思いながら自分自身毎日を頑張っています。

今はwebを介して、なんでも瞬時に情報をとれる時代です。
しかし、簡単に手に入ってしまうもにで「知る」ことよりも
手・目・耳・指先を使い「五感」の回路を開き、自身の感受性に磨きをかける機会を
授けること、愛情を感じて落ち着いて心を開けることが
なにより子どもたちに必要なのではないかと感じます。

そして、その機会をたくさん創ることが、大人の役割なんだろうと
思っています。

何より、その機会は近くにいる親自身が最もつくれるという現実を理解し

子どもの姿は、親である自分がつくった結果であると思おう!

そのためにも、自分がいつでも自己肯定感を持ち、幸福度をあげてゆきましょう!!

日本のお父さん・お母さん、子どもの未来を幸福にしましょう!!

(2年前のハワイ)

Sin

千葉県松戸市 子育てしやすい街No.1らしい www
授かり・生まれ・育む「つるかめスタジオ。
産後の引き締め・ダイエットに「加圧トレーニング

関連記事

  1. 東京ヴィーガングルメ祭り

  2. 梅醤番茶

  3. お出かけ前に赤ちゃんに話す言葉大切にしましょう!

  4. 次は Go to ハワイ!!

  5. Wow Naomi !!

  6. 安定の美しさ/蓮の花